FC2ブログ
このブログは、ぼく「Mr.M」の日常、趣味などを紹介します。                             また、リボーンをはじめとするジャンプ系のマンガの発売日も掲載中!!

第1話 最悪の誕生日プレゼント

どうしてこうなってしまったのか。それは俺にも分からない。

セミの鳴き声が聞こえる中、中学1年生の山崎翔一は学校のグラウンドにいた。

翔一の目の前で他の生徒たちがドッジボールをしている。

ただ、普通のドッジボールではなかった。

ルールは普通のドッジボールと同じで、ボールを当てられたら外野に行くという、ごく普通のものだ。

だが、そのドッジボールは普通のドッジボールではない。

なぜなら生徒が普通ではないからだ。

宙に浮いている者、手が伸びる者、姿が消える者。これは人間技ではない。

「どうなってるんだ・・・。まさか、自分以外にこんなことをできる奴らがいたなんて・・・。俺、もう死ぬのかな。」と、翔一がつぶやいた。

翔一はただただそのドッジボールを眺めていた。


一週間前

「行ってきま~す!」翔一が少し遅刻気味で家を飛び出す。

今日は7月10日。翔一の誕生日だ。

「健二のやつ、誕生日プレゼント用意してるって言ってたけど、なんだろうな。」

誕生日プレゼントに期待を膨らませながら、13歳の少年が通学路を走っている。

学校に着くと、クラスメイトたちが翔一の周りを囲んだ。

「誕生日おめでとー。」親友の菊里健二が眠そうに声をかけてきた。

「なぁ、プレゼントってなんだよ?教えてくれよ!」翔一が尋ねると、

「自分からプレゼントせがんでくる奴、お前が初めてだぞ。まぁいいや。後でやるよ!後でな。」

「おう!サンキュー!」翔一の期待はいっそう高まった。

1時間目の授業は社会の歴史。翔一が最も嫌いな授業だ。

「俺は過去を振り返らない!肝心なのは今だ!過去にどんなことがあったろうと、
そんなことは俺には関係ない。今だけ見てりゃ何とかなる!!」

歴史のテストで悪い点数をとってしまったときの口癖はいつもこうだ。何の根拠もなく「何とかなる!」と言い張る。

過去のことを気にしない翔一は、当然歴史の授業中は居眠りだ。健二にいたっては、体育の授業以外は全て居眠りだ。

そうこうしているうちに、4時間目の授業がやってきた。健二が唯一まともに授業を受ける、体育だ。

授業が始まり、先生が生徒たちを集合させた。

「前回は長距離走、ご苦労様!ってことで、今日はドッジボールをやろうと思います!!」と、先生が言った。

この体育の先生の名前は「山田 裕史」。いわゆる「熱血教師」「スポーツバカ」の部類で、長距離走などのしんどい授業の次の授業は、ドッジボールなどの遊びの時間を設けてくれる。

チーム分けが決まり、翔一と健二は同じチームになった。

試合開始の笛が鳴った。健二がいち早くボールをキャッチし、敵チームに投げ返す。

健二はドッジボールがとにかく得意で、呼吸することよりも得意だと健二はみんなに自慢していた。

その言葉通り、健二の投げたボールは2人をかすり、地面に落ちた。

「よし!2人当て成功!!」健二が嬉しそうに叫ぶ。

試合は中盤に入った。圧倒的にこっちのチームが勝っている。翔一の後ろ、つまり敵の外野には大勢の生徒がいた。そのほとんどは健二に当てられたやつばかりだ。

敵の大将的存在のやつが全力でボールを投げてきた。健二がすかさずキャッチ。すると、健二はそのボールを翔一にわたした。

「お前、まだ一回もボール触ってなかったよな。一発投げてみろって。」健二がボールを差し出しながら言った。

「えっ!?やめとくよ。俺、ボール投げるの下手だし。」

「何言ってんだよ!誕生日なんだし一回くらい投げてみろよ。」

「ってまさか!お前、それが誕生日プレゼントだなんて言わないよな?」

「言わん、言わん。心配すんなって。ちゃんと用意してあるからさ。もうすぐ分かるって。」

翔一は半信半疑ながらもしぶしぶボールを受け取った。

「もう、どうにでもなっちまえーーー!!!」翔一が力いっぱいボールを投げようとした。

そのとき!翔一の右手からオレンジ色の炎が飛び出した!!その炎はボールにも飛び移り、炎のボールが敵の内野の地面に落ちた。

翔一が目を開けると、みんなが口をボーっとあけてこっちを見つめてくる。

「え?俺なんかした?」翔一が健二に尋ねた。

「・・・。」健二は腰を抜かしてしまったらしく、地面に座り込んでいる。

「大丈夫か?」と、翔一が手を差し伸べると、信じられない光景が翔一の目に飛び込んできた。

手が燃えている。正確に言うと、手が炎に包まれていた。

「・・・。何だよこれ。」翔一がつぶやく。

「どーなってんだよ!!俺の手が!!」だが翔一はあることに気づいた。

「熱くない・・・。」熱くなかったのだ。炎が手を包んでいるのに熱くも痛くもない。

着ていた体操服に手を当ててみても、全く燃えない。

これは炎じゃないのか?いや、自分が投げたボールが燃えている。

翔一の頭は混乱していた。

「もしかして、これがお前の誕生日プレゼントか・・・?」翔一が冗談で健二に尋ねた。

セミの鳴き声しか聞こえないグラウンドで、35人の生徒と一人の体育教師がただ呆然としていた。

内1人は、右手にオレンジ色の炎をまとっていた。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



連続小説について

連続小説についての説明をします。

前々かから、やるやると言っていた連続小説。

第3話まで書き終えることができました!

ジャンルはファンタジー・・・なのかな?

第3話までが序章的なかんじで、第4話からが本格的な内容に入っていきます。

個人的にも3話まではあまり好きではありません。

自分で書いてて、「なにこんな恥ずかしいこと書いてんの?」って、自分で思ってました。

文章力もないし・・・。

まだ題名は決まっていません。そのうち、アンケートとかなんかで題名募集やろうかな?なんて考えてたりしてます。

登場人物は、リボーンやブリーチ。いろんな漫画のキャラクターをちょいちょいパクったりしてます。

まぁ、その辺はあまり気にしないであげてください。

ところで、書いときますか。アレ。

この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません。

やっぱ、これ入れないとね。いちいち1話ごとに入れると面倒くさいし、格好悪いので全話分まとめて、ここに書いておきます。

それじゃあ、早速はじめようと思います!!どうぞ。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

陸上大会編

長くにわたって、ようやく陸上大会編を書き終えることができました!!

正直疲れました。

実は、昨日は陸上大会の2日目でした。

そのことは、あえてブログには書きません。

知りたい人は、非公開でコメ送ってください。メアドと一緒にね。

まぁ、個人的にあまり言いたくないことばかりです。

公の場では絶対に言えません。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

陸上大会編

いろいろあって、陸上大会1日目終了。

帰りのこと。

ど田舎の小さな駅に、愛知県中から集まってきた陸上部員たちが押し寄せるわけですよ。

でも、我部のキャプテンはこういうところで頭を使います。

この状況では確実に座れない!!と思ったキトキットは、電車を一本遅らせ、次の電車に乗ることにしました。

本当は、最初の電車に乗れたのに、わざと乗らず、次の電車で最初の方に乗れるようにしたのです。

前に並んでいる奴らを押しのけて少し強引に電車に乗り込んで、何とか座ることができました。

キトキットは何としても電車は座らないと気がすまないという、ちょっと変わった奴です。

でも、こいつといれば、どんな満員電車も、的確な指示で簡単に座ることができます。

ただ、少し強引なやり方もあるので、他人の目を気にする人にはオススメできません。

某駅で降りて、乗り換えの電車(急行)に乗り換えると思いきや。

電車ヲタの電王と相談した結果、次の電車を待つ。ということになったようです。

どうやら急行に乗ると早く着くことには着くのですが座れないようで、次の普通は到着が4分遅れるだけで、確実に座れるそうだ。

という事実がわかり、急行に乗ったほかの学校の陸上部員らに、ニタニタした笑顔で見送ってやりました。(笑)

なんやかんやで、電車には最初から最後まで座ることができて、全く疲れずに変えることができました。

家に帰宅後、急いで塾に行ったら、I先生に大量の宿題をわたせれてしまいました。

そのせいで、まる1週間更新ができなかったわけです。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

陸上大会編

ぼくの種目も終わって、昼飯の買出しにいきました。

その帰り、キトキットが腹痛を起こし、トイレに走っていきました!!

何分たっても帰って来ず、もうすぐキトキットの100M走の召集が終わってしまう!!ってとき、キトキットがフラフラと帰ってきました。

「大丈夫か??」と心配して聞くと、「え?ああ。もう無理だ・・・。」と元気なさそうに返事をかえしてきました。

結局、100M走には出場できませんでした。その後、キトキットは完全に脱力していて、言葉も発しませんでした。
100M走に出場できなかったのが、よほどショックだったんだろう。

そんなキトキットに、さらなる脱力ニュースが襲い掛かる!!!

なんと、1年生も100M走に出場できなかったのです。

理由は召集遅れ。しかも、遊んでいたのが原因。しかも!4人も。

キトキットは耐えられなくなり、横になってしまいました。

ぼくはもう、笑うしかありませんでしたよ。(キトキットをじゃありませんよ。)

男子陸上部員だって相当少ないのに、その中で5人も種目すっ飛ばしたんですからw

先生も相当あきれていました。

まぁ、うちの陸上部なら、これぐらい当然かな?なんて思ったりもしましたw

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

陸上大会編

電王は、足を負傷したため競技に出場することはできませんでした・・・。残念です。

ってなかんじでぼくの種目!!

400M走!と言っても、種目自体には何もなく、ぼくのタイムが縮まったわけでもなく・・・。

しかし!ここでトラブルが発生しました!!

機械の故障かなんかで、30分くらい何もないまま終わりました。

ぼくは、まだ始まらないのか~~~。と、完全に脱力してました。

炎天下の中、自分の出番を待ってたわけですよ。

いい加減イライラして、機械の調整するだしないだでもめてるおっさんに向かってキトキットが、

「何をグダグダやっとるんや!早くはじめんか!!」と切れだしましたw

おっさんは「うるさい!!」と言い返してくるし・・・。

その会話が一番ぼくを脱力させていたような気もします。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

陸上大会編

てなかんじで結局ぼくは折れて、キトキットの家に近い駅から会場に行ったわけですよ。

ぼくの家は学校の近くにあり、キトキットの家は学校からものすごく離れていて、途中にものすごい坂があります。

キトキット家のすぐとなりにある住宅は、別の学校の校区です。

まぁ、ぼくがキトキットの家に行くには、でかい坂を上らないといけないうえ、20分近く自転車こいでないといけないわけですよ。

寝起きなのに。数時間後には走らないといけないのに・・・。

結局、こうなってしまったわけですが・・・。

さて、いろいろあって知多陸上競技場に到着しました!!

電王はもうすでに着いていました。

キトキットの種目は、1500M走、100M走。

ぼくの種目は、400M走と400Mリレーでした。

キトキットの1500M走は、1種目目だったので、急いで召集に向かっていました。

陸上大会では、エントリーした種目の40分くらい前に、「召集」というものを行わなければなりません。

前と背中についているゼッケンの番号を見せて、本人が出場することを確認する、てなかんじです。

続いて第二召集。これは種目開始直前に行うもので、やることは最初の召集と変わりません。

この召集に出遅れると、種目に出場できなくなってしまいます。

知多陸上競技場

今回、キトキットは頑張りました!!
タイムがぐんっ!と縮まってました。
本人はグッタリしてましたけど・・・。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

陸上大会編

そんじゃ、陸上大会のことでも書きますねw

陸上大会は、二週連続で行われたわけです。

その一日目のことを書きたいと思います。


前の記事にもあったとおり、朝の5時に起こされました。

それもこれも全部キトキットが悪いんです!!

ぼくは「近い駅から間に合うように行くから。」

と言ったら、コイツ自分の家に近い駅に来いとか言い出して、嫌だと反抗すると、

腕をつかまれるし、服を伸ばされるし・・・。

これはいつものことなんですが、ぼくの家の前までついてきて、ぼくが家に入ろうとすると、ドアをつかんで入れないようにしたり、胸ポケットに入っているボールペンを奪って闘争しようとしたり。

最終的には家に電話までしてきましたよ。通話時間は1時間!!!

話しの内容は「ぼくは近いほうの駅から行きます!!」というと、キトキットが電話のボタンを押して、
「ツーーーー・・・え?何て言った??」
この繰り返しです。

ちなみに、通話中にシャープとかのボタンを押すと、音がなるんですよ。興味のある人は、今度やってみてください!結構面白いですよ!!

そのくせ「ただいま電話料金○○円になっております。」とか言ってくるし!!


そこまでやるか!!ってかんじですねw

キトキットのしつこさには、どこか関心するものがあります。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking
プロフィール

Mr.M

Author:Mr.M
Mr.Mの日常へようこそ!
アニメやマンガ好きなどこにでもいそうな中3の日常を詳しく書き込んでいきます。
また、リボーンをはじめとするジャンプ系のマンガの発売日も掲載中!!
よろしくお願いします!!


プロフィール

名前:Mr.M

性別:男

性格:几帳面(自称)

血液型:A型

住所:愛知県

生年月日:1995年04月08日

年齢:現在16歳(高1)

好きな色:青系

趣味:本屋で立ち読み(実際は座って読む)

好きなマンガ・アニメ:家庭教師ヒットマンREBORN! その他

※当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも受け付けます。
ぜひコメントを!!!

曇りのち雨
☆今日の名言☆
人生の80%が努力。19%が運。えっ?残りの1%はって?昼寝だよ。昼寝!!
昼寝も大好きMr.M
人生が輝き出す名言集 第2章


presented by 地球の名言
上記のぼくの名言よりずっといい名言だと思います。 でも、今日の名言コーナーはやめませんよ!絶対!!
デジタル時計

ブログパーツ配布部屋
Comments...A

openclose

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
マンガ発売日捜索依頼掲示板
只今、捜索中のマンガリスト・・・ 「らき☆すた8巻」・・・・・・・・・・・・ 「ハンターハンター28巻」・・・・・・ 「新テニスの王子様4巻」 「D.Gray-man21巻」
最新記事
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数の合計
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログランキング
Mr.Mの日常-ブログランキング-FC2 Blog Ranking
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
11593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
23位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

ケケケの悪魔

BLACK FEATHER

ノットさんの趣味日記

I want to be a good boy.

K・Iの部屋 K・I’s room

沖神LOVERS組

PERFECTプロジェクト

ヲタオタ喫茶

DoubleDK

 れぃしき£のまったり日記

爽快!読書空間

やまたくのツイッター事情
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセス解析