FC2ブログ
このブログは、ぼく「Mr.M」の日常、趣味などを紹介します。                             また、リボーンをはじめとするジャンプ系のマンガの発売日も掲載中!!

第3話 事実と別れ

「ごめんください。山崎さん、いらっしゃいますか?」全く聞いたことのない声が聞こえる。

話しの腰を折られて少々不機嫌な父さんがインターホンに近づく。

「はい。何でしょうか?」

「私、PX3の細川と申します」

「PX3?あんたいったい何者だい?」父さんがイライラしながら尋ねる。

「詳しい話はお宅の中でしたいのですが」

「はぁ?何言ってんだよアンタ。いい加減にしないと警察呼ぶぞ!!」父さんがついにマジ切れした。

「落ち着いてください。貴方の息子さんについてです。
 もしかしたら、昨日の交差点での事故、お宅のお子さんに深く関係がある可能性があります。少しお話しをさせていただけませんでしょうか?」

(交差点での事故!?俺に関係があるだって!なんでそんなことまで知ってるんだ?ってことはこの人は警察の人・・・。
いや、待てよ。なんで素直に警察って名乗らないんだ?PX3って何なんだ?)

翔一の頭の中は、疑問でいっぱいだった。

「分かりました。どうぞ、お入り下さい」父さんが顔を青ざめて、細川と名乗る人を家に入れた。

細川さんは男性で、黒いスーツを着ていて、体格はがっしりしている。

「どうも。1つ言っておきますが、私は警察とはなんら関わりはありませんので、安心してください」

「・・・」

細川さんは続けた。「まず、どこからお話ししましょうか・・・」

「じゃあ、コイツと事故との関係ってところからお願いします」父さんが、翔一を指差して言った。

「分かりました。ご説明しましょう。
 と言っても、たまたま私の部下が目撃したというだけです。翔一君がトラックを弾き返すところをね」

「ってことは、あのときの誰かに見られてるような感じって、細川さんの部下の人だったんですね!」

翔一はふと、そのときのことを思い出した。

「トラックを弾き返す!?何の話しをしてるんだ?コイツがトラックを?
 ってことは、この事故はコイツが原因だったってことですか?」父さんが混乱している。

「いえ、それは違います。そもそも、トラックの運転手が居眠り運転をしていたのが原因で・・・」

「ってことは、トラックに残っていたっていう謎の焦げ跡って・・・」

「はい。恐らく翔一君がつけたものです」

「本当か?翔一!!」父さんが怒鳴った。

「た・・・多分」

「多分って、お前。じゃあ、右手から炎が出てきたっていうのは・・・」

「だから言ったじゃないか!本当だって」

「やはり・・・」

「やはりってどういうことですか!?」父さんがわけも分からず聞いた。

「一度落ち着いてください。全てお話ししましょう」

「わっ分かりました・・・」父さんはやっと落ち着きを取り戻した。

「率直に言いますと、翔一君には”能力”があります」

「”能力”!?何なんですか?”能力”って?」翔一が尋ねた。

「”能力”。それは、人間の六感とでも言っておきましょうか。
 よく、幽霊が見えるだとか、未来の予言が出来たりだとか、そういうものは全て”能力”というものです。
 ”能力”は、生まれつき持っている人もいますが、翔一君のように、突然手にしてしまう人もいます。
 ”能力”を持っている人のことは、一般的に”能力者”と呼ばれています」

「そして、もう1つ説明しなければならないことがあります。
 ”パラレルワールド”についてです」

「パラレルワールド!?」もう、わけが分からなかった。

「はい。並行に進んでいて、無限に存在している世界のことです。
 そもそも、世界とは無数にあって、この世界もその1つにすぎません。
 ある世界では、自分が大富豪になっている世界が存在している反面、自分が大貧民になっている世界も存在しているのです。
 私は、そのパラレルワールドの保護をしている者です」

二人は、頭が混乱しながらも、正確に事を理解していった。

そろそろ、2時間目の授業が始まっているころだ。

「で、その能力やらパラレルワールドやらを私たちに話して、いったいどうするつもりなんですか?」

父さんは落ち着きをはらって、尋ねた。

「ここからが重要なところです。
 結論から申しますと、ここから引っ越していただけませんか?パラレルワールドへ」

「・・・。へ?」

「ですから、パラレルワールドへ引っ越していただけないかと」

「あっ!なるほど!!私たちに、この世界からパラレルワールドに行けと。
って、何を言ってるんだ!アンタは!!
なんで俺らがそんなわけの分からないところに飛ばされなきゃならないんだ?
いいか?俺にもな、家庭があるんだよ。仕事も。
大体、今だって会社遅刻してこんなくだらない話しをしているんだぞ!!」

「翔一君は、今非常に危険な状態にあります。自分の能力を制御しきれていないんです。
 それはつまり、翔一君が自分自身の能力に飲み込まれてしまう危険性がある、ということです。
 そうなれば、能力が暴走し、この世界を滅ぼしてしまうかも知れないのです。
 実際に、己の能力を制御しきれず、能力の暴走により世界が滅びるという例はいくつも見られています」

「でも、パラレルスリップをした先で能力が暴走すれば、その世界は滅びてしまうんじゃないのか?」

「いいえ。山崎さんに行ってもらう世界は、翔一君のような能力者たちと、能力を持たない一般人が
 共存している世界です。
 その世界でも、能力者の数は圧倒的に少ないのですが、能力者がどこにいてもおかしくないという世界なので、
 こそこそと生活する必要はいりません。
 それに、万が一能力が暴走したとしても、その世界には能力の暴走を沈めるほどの力があります。
 どうか、パラレルスリップをしていただけないでしょうか・・・?」

細川さんの言うことには、ものすごく説得力があった。

世界の崩壊だなんて、普通信じられるはずがない。しかし、翔一にはそれが全て真実であるような気がしていた。

現に、翔一は人間離れした力を持っているのだ。

父さんも最初は半信半疑だったが、細川の強い説得に負けて、ついに全てを認めてしまった。

「それでは、明後日の午後、お迎えにあがります」細川さんは、ほっとしたような息をついて、帰っていった。

二階から母さんが降りてきた。どうやら、全てを聞いていたようだ。

父さんと母さんが同時に深くうなずいたのを合図に、大急ぎで引越しの準備に取り掛かった。

どうやら、母さんは全て聞いていたようだ。

「いいの?本当に?違う世界にいっちゃうんだよ」翔一が父さんに尋ねた。

「何言ってんだ!そんなことより、お前こそいいのか?」

「え?何が?」

「健二くんだよ。たぶん、もう二度と会えなくなるぞ。お別れをしてこなくていいのか?」

(そうだ。結局昨日もまともに話せなかったんだ・・・。これで別れるなんて絶対に嫌だ!!)

翔一は自然と素直になれた。気がつくと、翔一は学校に来ていた。

教室のドアを開けると、みんなの視線が翔一に集中した。

「遅いじゃないか。山崎君!いったい何をやっていたんだね?」

「すみません。ちょっと急に引越しをすることになりまして・・・。その話しを親としていました」

「そうか。幻覚を見て、みんなにバカにされるのが嫌からこの学校から逃げるというわけか・・・。
 それとも、昨日の事故まで自分のせいにされるのが怖くて休もうとしたが、親に説得され、いやいや登校してきたというわけかな?」

とても教師の言う言葉ではない。

すると、クラス中のみんなが、先生を睨みつけた。

「ふん!」先生は機嫌悪そうに授業を進めた。

その日、クラスでは翔一が引っ越すことで話題が持ちきりだった。

皆には親の仕事の都合で海外に引っ越すことになったということになっている。

帰りには、「元気でな!」「またいつか会おうね!」とみんなに言われ、ついつい泣きそうになってしまった。

しかし、健二とは結局何も話すことができなかった。

そんなこんなで、ついにこの世界との別れのときがやってきた・・・。

本当にパラレルスリップなんてことができるのだろうか?そもそも、パラレルワールドなんてものは本当に存在しているのだろうか?

翔一は、今になって少し不安になっていた。

”ピーンポーン”迎えがきたようだ。黒いスーツ姿の人がたくさんいる。その一番奥に、細川さんがいた。

「お迎えにあがりました。さぁ、行きましょう」

そう言われると、黒い車に乗せられ、数時間ほどいったところで車から降ろされた。

あたりは薄暗くなってきていた。

PX3の日本支部と思われる建物に入れられ、パラレルスリップの準備が整うのを待っていた。

「お~い!!翔一!!」聞きなれた声が聞こえた。

その声の持ち主は、なんと健二だった!

「健二!なんでここに・・・?」翔一が不思議そうに思っていると、後ろから山田先生が現れた。

「山田先生まで!いったい何がどうなってるんだか・・・。」

「学校を辞めた後ね、必死に君の能力について調べたんだよ。そしたらここに行き着いてしまってね。
 なんやかんやでPX3の社員になってしまったんだよ。」

「で、たまたま健二の家の近くでウロウロしてた山田先生に会って、いろいろ聞き出してさ。
 俺もPX3の関係者ってことにしてもらったんだ。
 一般の子供がPX3に関わりを持つなんて前代未聞だ!って、さんざんお偉いさんたちがわめいてたぜ!」

健二が軽い口調で話す。
 
「でも・・・悪かったな。冷たくして・・・。まさか、本当にこんな夢みたいなことが実現するなんて思わなくてさ」

「いいんだよ、別に。最後にお前に会えたことが何より嬉しいよ。っていうか!なんやかんやって何なんですか!!先生!!」

「え?う~ん・・・。まぁ、なんやかんやさ!」

「なっ納得いかねぇーーーー!!!」

「あっ!そういえば!!お前に渡すの忘れてたぜ。ほい!誕生日プレゼントな。いろいろバタバタしてたから、渡すタイミング逃しちまった」

思いもよらない展開に翔一は戸惑った。プレゼントというのは、翔一がずっと欲しがっていた腕時計だ。

「いいのか?この腕時計、結構高かったろ?」

「気にするな!親友へのプレゼントだ。金なんか惜しまねーよ」

「ありがとう!」

どうせだったら、口を聞いていない状態で別れたかった。これじゃああまりにも悲しすぎる・・・。

しかし、今ここにいると、この世界を滅ぼしてしまうかもしれないのだ。

大好きな町も、友達も、何もかも全て・・・。

「山崎さん。準備が整いました」

今俺は、よく分からないケースの中に入れられている。外からも、中からも、お互いの様子と声が確認できる。

「お元気で」細川さんが小さく言った。

「向こうの世界でも元気でやれよ!!」山田先生が手を振りながら言った。

「どんだけ遠くに離れても、俺たちは親友だ!また、どっかで会おうぜ!!」健二がめったに見せない涙を流しながら言った。

翔一は、それに大声で「おう!約束だ!!」と答えた。翔一も大粒の涙を流していた。

すると、あたりが白い霧のようなもので包まれていった・・・。

翔一の腕には、さっき貰ったばかりの腕時計がしっかりとつけられていた。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

第5話完成!!

第5話まで書き終えることができました!!

実は、第3話までが序章のようなものになっていて、本当に書きたい物語は、第5話からになってるんですよ。

はやく第5話書きたかったので、第3話までをいっきにまとめて、第4話をささっと仕上げました。

で、一気に公開すると話しが行き詰まったときに困るので、ゆっくり公開していこうかなと。

ということで、第3話は第6話ができた頃に公開ということで。

お楽しみに!!

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

第2話 暴走トラック

7月10日の四時間目。俺の右手に炎が出てきて・・・それからのことは、あまり覚えていない・・・。

これは母さんから聞いた話だ。

あの後、クラスのみんなと先生は病院の精神科に運ばれ、気を失った俺は病院で寝ていたらしい。

みんなと先生は、幻覚を見たのか、何かしらの理由で嘘をついているか、ということになったそうだ。

だが、あれは決して幻覚や嘘なんかじゃない。確かに出たんだ。右手から炎が。

だが、父さんも母さんも信じてはくれなかった。

今も病院にいる。どうやら、今の俺は精神的なストレスを抱え込んでいると診断されたらしい。

もう一度炎を出そうと頑張ってみたものの、結局炎は出なかった。

それから数日後・・・

俺は学校に行った。

みんなが俺を避けているというのは、すぐに分かった。目すら合わせてくれない。

だが、俺のクラスのみんなと、山田先生だけはいつもどおりに接してくれた。

みんなも他のクラスの奴らに散々バカにされて、逆に俺を恨んでいる奴もいたようだ。

特に健二はその中の1人で、全く口を聞いてくれなくなった。

その日の授業が終わり、教室から出ようとしたら、山田先生に呼び止められた。

「ちょっといいか?話しがしたいんだ。」

そのまま俺と先生は、学校の屋上へ向かった。

学校の屋上に上るのは初めてだ。他の生徒に話しを聞かれると、気違い扱いされるのでここを選んだのだろう。

「あれは夢だったのかな。」先生が話し始めた。

「俺なぁ、あの後ずっと考えたんだよ。実は幻覚だったんじゃないかって。最近、いろいろストレスたまってたからな。
 でもな、やっぱり違う。あれは夢や幻覚なんかじゃない!36人が全員同じ夢や幻覚を見るわけがない!
 何よりの証拠があのボールだ。完全に黒焦げになってた。中1の男子が力いっぱい投げて、ボールが焦げたなんて話し聞いたことがない。」

「・・・。」

「それでな。俺は決めた!教師を辞める!!」

「えっ!?どうして先生辞めちゃうんですか?」

「俺は昔からやりたいことをやって生きろって親父に教えられてきた。今まではやりたいことが見つからなかったんだ。
 でも、やっと見つかった。俺は、そのお前の特殊な能力のを研究したい!」

「特殊な能力、ですか・・・。」

「ああ。今日はそれが言いたかっただけだ。他の奴に話してもバカにされるだけだからな。」

「いいんですか本当に。」

「いいんだ。たとえ、世界中からバカにされたとしても、俺が自分で決めたことだ。そんなことは気にしないさ。」

言い終わると、先生は階段で降りていった。

次の日、勇気を振り絞って健二に声をかけてみた。

「やあ、健二。」

「・・・。」

予想通りの結果だった。だが、あきらめずに再び声をかけた。

「山田先生、今日で辞めるそうだよ。俺の特殊な能力の研究研究をするんだって。」

「・・・。」

あいかわらずだった。

その帰り、俺は健二と帰ることにした。と、いうより、後ろから勝手に付きまとっているだけなのだが。

夕日が沈みかけているとき、健二が口を開いた。

「いい加減にしろよ!いつまでついてくる気なんだよ!もう、うんざりなんだよ。どうして俺が他の奴らにバカにされなくちゃならないんだよ・・・。」

「ごめん・・・。」

「分かったら帰れよ。」そういい残すと、健二は走って帰っていった。

だが、どうしても、健二にもう一度謝りたかった。気がつけば、健二を追いかけていた。

健二の姿が見えた・・・と、健二の横から大型のトラックが突進してきている!

運転手は健二のことに気づいていないのだろうか・・・。

目をこらしてトラックの運転席を見る・・・と、大変なことに気づいてしまった!

運転手は居眠りをしていたのだ!!

健二はそのことに全く気づいていない。翔一は全力で駆け出した。

トラックと健二との間隔が30メートルくらいになったとき、翔一は健二の前にたどり着いた。

健二もやっと気がついたようだ。だが、もう遅い。すでにトラックとの間が、20メートル、15メートルと縮まってきている。

今からじゃ走っても間に合わない。

そのとき、一瞬、「トラックを止める!」という考えが翔一の頭を過ぎった。

翔一は、わけも分からず、両手を前に突き出して、トラックを止めようとした。

一見バカに見える行為だが、頭が混乱している翔一にはこれが精一杯だった。

残り10メートル、5メートル。

「止まれ止まれ止まれ!!」翔一は必死に願い続けた。

トラックとの間が2メートルになったとき!

両手からオレンジ色に輝いた、凄まじい量の炎が噴き出した!!

炎はトラックに直撃し、そのままトラックを弾き返した!

トラックが倒れて、信号にぶつかり、とんでもない轟音が鳴り響く。

運転席から運転手がよろよろと出てきた。

気がつくと、健二はいなくなっていた。どうやら走って帰ってしまったらしい。

「ん?何だ?誰かに見られてるような・・・。」誰かの視線を感じて、あたりを見回したが誰もいない。

「ここにいると何かと面倒だな・・・。」と、つぶやくと、翔一もささっと家に逃げ帰った。

このことは、翌日の新聞やテレビに取り上げられていた。

朝のニュースでは、このように報道されていた。

「昨日夕方ごろ、東京都品川区の交差点で、大型トラックが転倒するという事故が発生しました。
 運転手の岡田清彦容疑者は居眠り運転をしていた容疑で逮捕されました。
 しかし、トラックに残っていた謎の焦げ跡については、まだ何も分かっていません。
 警察は引き続き調査を続行するとのことです。」

「おい・・・。これってまさか・・・。」父さんが呆然としていた。

「実は・・・その・・・。」言いづらそうに翔一が口を開く。

と、そのとき、”ピーンポーン”とチャイムの音が翔一の家中に鳴り響いた。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

これは理解しておいてください。

さて、そろそろ第2話を載せようかと思っています。


しかし、こうして小説を書いていると、自分の文章力のなさをつくづく感じさせられます。(涙)

皆さんもきっと、ぼくの小説を読んで思ったのではないでしょうか?

これからも、文章力のなさで、何を言っているのか分からなかったり、話が唐突過ぎたりするかもしれ

ませんが、そこは”所詮は中2の書く文だ!”と思っていただくと嬉しいです。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking

第1話 最悪の誕生日プレゼント

どうしてこうなってしまったのか。それは俺にも分からない。

セミの鳴き声が聞こえる中、中学1年生の山崎翔一は学校のグラウンドにいた。

翔一の目の前で他の生徒たちがドッジボールをしている。

ただ、普通のドッジボールではなかった。

ルールは普通のドッジボールと同じで、ボールを当てられたら外野に行くという、ごく普通のものだ。

だが、そのドッジボールは普通のドッジボールではない。

なぜなら生徒が普通ではないからだ。

宙に浮いている者、手が伸びる者、姿が消える者。これは人間技ではない。

「どうなってるんだ・・・。まさか、自分以外にこんなことをできる奴らがいたなんて・・・。俺、もう死ぬのかな。」と、翔一がつぶやいた。

翔一はただただそのドッジボールを眺めていた。


一週間前

「行ってきま~す!」翔一が少し遅刻気味で家を飛び出す。

今日は7月10日。翔一の誕生日だ。

「健二のやつ、誕生日プレゼント用意してるって言ってたけど、なんだろうな。」

誕生日プレゼントに期待を膨らませながら、13歳の少年が通学路を走っている。

学校に着くと、クラスメイトたちが翔一の周りを囲んだ。

「誕生日おめでとー。」親友の菊里健二が眠そうに声をかけてきた。

「なぁ、プレゼントってなんだよ?教えてくれよ!」翔一が尋ねると、

「自分からプレゼントせがんでくる奴、お前が初めてだぞ。まぁいいや。後でやるよ!後でな。」

「おう!サンキュー!」翔一の期待はいっそう高まった。

1時間目の授業は社会の歴史。翔一が最も嫌いな授業だ。

「俺は過去を振り返らない!肝心なのは今だ!過去にどんなことがあったろうと、
そんなことは俺には関係ない。今だけ見てりゃ何とかなる!!」

歴史のテストで悪い点数をとってしまったときの口癖はいつもこうだ。何の根拠もなく「何とかなる!」と言い張る。

過去のことを気にしない翔一は、当然歴史の授業中は居眠りだ。健二にいたっては、体育の授業以外は全て居眠りだ。

そうこうしているうちに、4時間目の授業がやってきた。健二が唯一まともに授業を受ける、体育だ。

授業が始まり、先生が生徒たちを集合させた。

「前回は長距離走、ご苦労様!ってことで、今日はドッジボールをやろうと思います!!」と、先生が言った。

この体育の先生の名前は「山田 裕史」。いわゆる「熱血教師」「スポーツバカ」の部類で、長距離走などのしんどい授業の次の授業は、ドッジボールなどの遊びの時間を設けてくれる。

チーム分けが決まり、翔一と健二は同じチームになった。

試合開始の笛が鳴った。健二がいち早くボールをキャッチし、敵チームに投げ返す。

健二はドッジボールがとにかく得意で、呼吸することよりも得意だと健二はみんなに自慢していた。

その言葉通り、健二の投げたボールは2人をかすり、地面に落ちた。

「よし!2人当て成功!!」健二が嬉しそうに叫ぶ。

試合は中盤に入った。圧倒的にこっちのチームが勝っている。翔一の後ろ、つまり敵の外野には大勢の生徒がいた。そのほとんどは健二に当てられたやつばかりだ。

敵の大将的存在のやつが全力でボールを投げてきた。健二がすかさずキャッチ。すると、健二はそのボールを翔一にわたした。

「お前、まだ一回もボール触ってなかったよな。一発投げてみろって。」健二がボールを差し出しながら言った。

「えっ!?やめとくよ。俺、ボール投げるの下手だし。」

「何言ってんだよ!誕生日なんだし一回くらい投げてみろよ。」

「ってまさか!お前、それが誕生日プレゼントだなんて言わないよな?」

「言わん、言わん。心配すんなって。ちゃんと用意してあるからさ。もうすぐ分かるって。」

翔一は半信半疑ながらもしぶしぶボールを受け取った。

「もう、どうにでもなっちまえーーー!!!」翔一が力いっぱいボールを投げようとした。

そのとき!翔一の右手からオレンジ色の炎が飛び出した!!その炎はボールにも飛び移り、炎のボールが敵の内野の地面に落ちた。

翔一が目を開けると、みんなが口をボーっとあけてこっちを見つめてくる。

「え?俺なんかした?」翔一が健二に尋ねた。

「・・・。」健二は腰を抜かしてしまったらしく、地面に座り込んでいる。

「大丈夫か?」と、翔一が手を差し伸べると、信じられない光景が翔一の目に飛び込んできた。

手が燃えている。正確に言うと、手が炎に包まれていた。

「・・・。何だよこれ。」翔一がつぶやく。

「どーなってんだよ!!俺の手が!!」だが翔一はあることに気づいた。

「熱くない・・・。」熱くなかったのだ。炎が手を包んでいるのに熱くも痛くもない。

着ていた体操服に手を当ててみても、全く燃えない。

これは炎じゃないのか?いや、自分が投げたボールが燃えている。

翔一の頭は混乱していた。

「もしかして、これがお前の誕生日プレゼントか・・・?」翔一が冗談で健二に尋ねた。

セミの鳴き声しか聞こえないグラウンドで、35人の生徒と一人の体育教師がただ呆然としていた。

内1人は、右手にオレンジ色の炎をまとっていた。

クリックお願いします!(m。_。)m オネガイシマス
FC2 Blog Ranking
プロフィール

Mr.M

Author:Mr.M
Mr.Mの日常へようこそ!
アニメやマンガ好きなどこにでもいそうな中3の日常を詳しく書き込んでいきます。
また、リボーンをはじめとするジャンプ系のマンガの発売日も掲載中!!
よろしくお願いします!!


プロフィール

名前:Mr.M

性別:男

性格:几帳面(自称)

血液型:A型

住所:愛知県

生年月日:1995年04月08日

年齢:現在16歳(高1)

好きな色:青系

趣味:本屋で立ち読み(実際は座って読む)

好きなマンガ・アニメ:家庭教師ヒットマンREBORN! その他

※当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも受け付けます。
ぜひコメントを!!!

曇りのち雨
☆今日の名言☆
人生の80%が努力。19%が運。えっ?残りの1%はって?昼寝だよ。昼寝!!
昼寝も大好きMr.M
人生が輝き出す名言集 第2章


presented by 地球の名言
上記のぼくの名言よりずっといい名言だと思います。 でも、今日の名言コーナーはやめませんよ!絶対!!
デジタル時計

ブログパーツ配布部屋
Comments...A

openclose

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
マンガ発売日捜索依頼掲示板
只今、捜索中のマンガリスト・・・ 「らき☆すた8巻」・・・・・・・・・・・・ 「ハンターハンター28巻」・・・・・・ 「新テニスの王子様4巻」 「D.Gray-man21巻」
最新記事
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数の合計
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログランキング
Mr.Mの日常-ブログランキング-FC2 Blog Ranking
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
35280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
171位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

ケケケの悪魔

BLACK FEATHER

ノットさんの趣味日記

I want to be a good boy.

K・Iの部屋 K・I’s room

沖神LOVERS組

PERFECTプロジェクト

ヲタオタ喫茶

DoubleDK

 れぃしき£のまったり日記

爽快!読書空間

やまたくのツイッター事情
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセス解析